忙しくてもオールインワン化粧品ランキングから選択

正しいケア方法で改善可能

鏡を見る女の人

無理に潰さないように注意

間違ったケアを続けるとニキビの状態が改善しないまま症状が進行し、ニキビ跡ができることがあります。跡を残さないためには、間違った化粧品などによるケア方法を行わないように気をつけておくべきです。特に赤みを伴う、いわゆる赤ニキビは注意を要します。この赤みは毛穴が炎症を起こした状態です。この状態でニキビを無理やり潰してしまうと、炎症を起こした箇所に細菌が繁殖してより症状が悪化したり、ニキビ跡の原因になる可能性があります。このため赤ニキビは白ニキビと違って潰すのは厳禁です。またニキビがすでに治っているが、その部位に赤みのあるニキビ跡が見られる場合も注意したい点があります。この状態は毛細血管がニキビのダメージで増えてているためです。そのため化粧品でのスキンケアは慎重に行わないと、肌へのダメージが残り続け色素沈着を起こすケースも見られます。

美容液や化粧水で改善も

一度出来てしまった赤みのあるニキビ跡は美容皮膚科での治療の他に、自宅で特定の成分が配合された美容液や化粧水を使うことでも改善ができます。化粧品でケアする場合には赤みのあるニキビ跡の改善に有効な成分を把握しておくと役立ちます。その有効な成分の1つとして美白効果が期待できるのがビタミンCです。赤みを持つニキビ跡は色素沈着が起こりやすいですが、ビタミンCはその色素沈着を防ぎ、すでに起きた色素沈着に対しては改善効果をもたらします。またビタミンCよりも肌への浸透力が高い、ビタミンC誘導体もニキビ跡には有効な成分です。ハイドロキノンもやはり有効な成分の1つに挙げられます。ハイドロキノンはビタミンCと並んで美白効果の強い成分です。ニキビ跡の赤みはメラニン色素の沈着を伴うことが多いですが、ハイドロキノン入りの化粧品はそのメラニン色素の余剰な生成を抑えてくれます。